MENU

ビットコイン(Bitcoin)の特徴を考察しましょう

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、インターネット上でお金と同じような感覚で使用できます。例えば、以下のことができます。

 

送金
受取
貯蓄
投資

 

送金ができるということは、売買ができるということです。インターネットでモノを買うイメージです。逆に受け取りもできますので、モノやサービスを売ってビットコインなどの仮想通貨を受け取ることも可能です。

 

また、貯蓄も可能です。ビットコインは円で評価するときの価格変動が大きいですが、1ビットコインはいつまでたっても1ビットコインです。食べ物のように腐ってなくなることはありません。

 

さらに、円で評価するときの価格変動が大きいということは、投資も可能です。ビットコインが安い時に買って高くなってから売れば、差額が利益になります。
ビットコインと通貨の違い

 

以上の性質を持ったビットコインですが、ビットコインは仮想通貨であって通貨ではありません。では、ビットコインと通貨はどのように異なるのでしょうか。ビットコインの特徴を考察しましょう。

 

そして、特徴を考察するなかで、ビットコインの仕組みそのものも確認していきましょう。比較すると分かりやすいので、普段私たちが使っているお金と比較します。

 

簡潔にここでまとめますと、

 

世界中のビットコイン取引は、過去から現在に至るまですべて公開
どのウォレット(ビットコインの財布)にいくら入っているかもわかる
しかし、匿名性が極めて高い
誰でも自由にいつでもウォレットを持てる
銀行のようなシステム管理者はいない

 

銀行口座やお金をイメージしていると、全く訳が分かりません。この仕組みを、一つ一つ解読していきましょう。

ウォレット(wallet)の種類

 

仮想通貨(ビットコイン)を所有するには、安全な保管場所が必要だと分かりました。そしてその保管場所がウォレット(wallet)であることも分かりました。ウォレットは、銀行でいえば銀行口座に相当します。

 

では、どこでどうやって作れば良いでしょうか。

 

ウォレットは、自分の所有するパソコンやスマホなどのモバイル端末、インターネットのオンライン上でも作ることは可能です。オンライン上でのウォレット作成サービスは、いろいろなサイトで提供されています。

 

 

自分のPCやスマホにウォレットを作る場合

 

では、自分のパソコンやスマートフォンにビットコインのプログラムをインストールしてみましょう。どこからビットコインのプログラムをダウンロードすれば良いでしょうか。

 

主なサイトを紹介します。
1.ビットコインの過去の取引データ全てをダウンロードする場合(フルインストール)

 

これは、いわゆる「採掘」してビットコインを得ようという場合に必要です。しかし、このサービスが開始された2009年以降の全ての、世界中の取引データをダウンロードします。このため、ハードディスクに大きな空き容量が必要です。

 

しかも、今この瞬間にもどんどん取引が行われていますから、必要なハードディスク容量はとても大きいです。1TBの空き容量では足りなくなる日も来ることでしょう。

 

スマホで完全版をインストールするのは、外付HDDを使うとしても無謀かもしれません。高性能なPCにインストールすることになります。

 

このフルインストール版を配布しているソフトウェアの例は以下の通りです。

 

ビットコインコア:https://bitcoin.org/ja/download

 

 

2.必要最小限のデータのみダウンロードする場合(簡易版)

 

採掘はせず、ビットコインの送金や受け入れができれば十分だという場合、2009年以降の膨大な取引データをインストールする必要はないでしょう。この場合、ビットコインを使うための必要最小限のデータだけあれば十分だということになります。

 

このタイプのウォレットは、PCに加えてスマホでも使うことができます。

 

簡易版を配布しているソフトウェアの例は以下の通りです。

 

Jaxx:https://jaxx.io/

 

なお、jaxxはビットコインだけでなく、その他の仮想通貨(アルトコイン)の保存もできます。使い方を詳細に解説した記事を作成しましたので、ご覧ください。

 

Jaxxの作り方・使い方|PC・スマホ用の仮想通貨ウォレット

 

 

3.インターネット上にウォレットを作る場合

 

自分のPCやスマホでなく、インターネット上の様々なホームページでウォレットを作ることもできます。

 

PCでビットコインを使っていてバックアップを取っていない場合、PCが壊れてしまうと永遠にビットコインを使うことができません。また、スマホの場合、スマホを紛失してしまうとやはり使えなくなってしまいます。

 

しかし、インターネット上にウォレットを置いておけば、PCが壊れる、スマホを紛失するというリスクはなくなります。いくつものPCやスマホを使っている場合にも便利でしょう。

 

このように手軽なのがメリットです。しかし、そのサイトがハッキングの被害に遭うと、自分のビットコインがすべて失われるリスクがあります。

 

その点では、上記した「自分のPCやスマホにウォレットを作る場合」に比べると少々不安です。多額の資金を保管するのには向かないでしょう。

 

このタイプのウォレットを提供している会社例は以下の通りです。

 

BLOCKCHAIN info:https://blockchain.info/

 

 

ウォレットはどこに作るべきか?

 

上記のようにウォレットは大まかに、パソコン、スマートフォン、オンライン上の3パターンで作れることが分かりました。では、この3パターンのうち、どこに作ったら良いのでしょう?

 

それぞれのメリットやデメリットを考えていきましょう。

 

なお、「取引所でウォレットを作る」というパターンは、「インターネット上にウォレットを作る」に属しています。取引所でウォレットを作るとは、すなわち「口座開設」を意味します。